FC2ブログ

只今工作中「トミックス・HOプラキット・タキ1900」第4回(完成)

トミックスタキ1800塗装9
皆さんこんにちは。今回は、只今工作中「トミックス・HOプラキット・タキ1900」第4回(完成)です。
 写真左上は、塗装の終わったタンク体と台枠を組み合わせたところです。向きがあるので気を付けて合わせました。
 右写真は、手すりを付けたところです。この手すりは、塗装が効かない素材のため、そのままゴム系接着剤で取付けました。
 2段目左は、手すり等取付けが終了したところです。右は、台車に車輪を組付けたところです。
 3段目左は、車体に台車を取り付けているところです。トータルキットなので、部品を用意する必要が無く、スムーズに完成まで行けます。
 右はインレタ等も貼り終わり、完成したところです。「社名インレタ」は、2種(住友セメント・明星セメント)が用意されています。今回は、2両共「住友セメント」にしました。ただ、台車のバネが2種から選べるようになっていたので、2両で変えています。
「上級者向き」となっていましたが、ストレートに組めました。腕試しに皆さんも挑戦してみてはいかがでしょうか。
 販売します。価格は、1両7,500円(税込)です。よろしくお願いいたします。
では、また。ありがとうございました。
スポンサーサイト



早割り予約「HO/トラムウエイ・キハ40他」のご案内

トラムウエイキハ40F
写真はメーカー資料より。
皆さんこんにちは。今回は、早割り予約「HO/トラムウエイ・キハ40他」のご案内です。
HO早割予約は5%現金引き
申込み締め切り10/19(月)
で、よろしくお願いいたします。
 先ずは「ポポプロ」(トラムウエイとのコラボで製品化)から、第2弾として5種が発売されます。
発売は2021年春予定です。
 品番          品 名          予価(税込 円)
MR-005 キハ40 2000 JR九州色(M) 28,600
MR-006 キハ40 2000 JR九州色(T)  17,050
MR-007 キハ47 0 (M)+ キハ47 1000(T)
         JR九州色 2両セット  45,650
MR-008  キハ47 0 JR九州色(T)  17,050
MR-009 キハ47 1000 JR九州色(M) 28,600

 トラムウエイ 2021年春発売予定
国鉄キハ56系
TW-56-JM 国鉄キハ56 初期車 M  23,650
TW-56-JT  国鉄キハ56 初期車 T  12,650
TW-27-JT  国鉄キハ27 初期車 T  12,650
TW-56-iM 国鉄キハ56-200 M   23,100 
TW-56-iT  国鉄キハ56-200 T   12,100
TW-27-iT 国鉄キハ27-200 T   12,100
TW-26-iiTS 国鉄キロ26-200 帯付き T 14,850
TW-26-iiTP 国鉄キロ26-200 帯なし T 14,850

 国鉄キハ40 首都圏色(再生産)
TW-40-2000RM 国鉄キハ40-2000 首都圏色 M 24,200
TW-40-2000RT 国鉄キハ40-2000 首都圏色 T 13,200
TW-47-OR-MTS 国鉄キハ47 0 首都圏色 M
               +1000 T 2両セット  33,000

以上よろしくお願いいたします。

只今工作中「トミックス・HOプラキット・タキ1900」第3回

タキ1900A7
 皆さんこんにちは。今回は、只今工作中「トミックス・HOプラキット・タキ1900」第3回です。
 昨日に続いて、塗装に入りました。GM缶スプレー(№10・黒)を愛用しています。しっとりとした半艶に仕上がるので気に入っています。
 写真左上は、塗装に備えホルダー(割りばしを加工)に刺したところです。右は「台枠」です。別々に塗装し、最後に組み立てます。上下反転させて、塗装しました。
 2段目は、それぞれ塗装したところです。この後、手すり等組付けるのですが、問題があります。それは、材質が「軟質プラ」なので、説明書に「塗装には適しません」と、書いてあるのです。手が無いわけではありません。それ用の塗料・下塗り剤があります。今回は、艶の違いがどの程度かを見ながら、手すりは「無塗装」で仕上げてみることにしました。
 次回は、組み立て・完成の予定です。なお、この車両は、店で、「キット組立て完成品」として販売する予定です。価格等詳しくは、後日発表します。
 では、また。ありがとうございました。

只今工作中「トミックス・HOプラキット・タキ1900」第1・2回

タキ1900く
 皆さんこんにちは。今回は、只今工作中「トミックス・HOプラキット・タキ1900」第1・2回です。
 2回分をまとめて報告いたします。このキットは、「上級者向き」と恐ろしいことが書いてあります。同じトミックスの「ホキ800」のキットは、当店の常連さんに「だれか作る人いたら、タダであげる」と言わしめた本当の上級者向きキットでした。
 ただ、ここまで進んでみて、それほどの困難な個所はないと感じています。皆さんも挑戦してみてほしいです。
 さて、写真左上は、キット内容全体の様子です。2両分で、「車輪・カプラー・デカール」を含むトータルキットです。
右は、フレームに部品を取り付けているところです。台車センターピン周りの仕切り板など、完成したら見えないのでは、と思われるものまで別部品になっています。キットの良さも色々あると思いますが、完成品で発売して、部品の選択でバリエーションを増やす行き方の方がありがたい気がします。
 2段目からは、「タンク体」の組み立てです。3分割で「上半分・下半分が左右2分割」となっています。ピンバイスで、新たに穴を開けるところが2か所あります。でもそれくらいで、特に難しい工作はありません。
 3段目は、タンク体に取り付ける「丸名盤・社名板(長方形)等」の部品です。右はそれが取付け完了したところです。
 4段目は、タンク体が完成したところです。フレームと共に、この段階で黒塗装します。(次回)
 右下は、本物のタキ1900各社です。艶アリ・汚れ姿と現役の車両は生き生きとしていますね。模型もそれに近付きたいものです。
 では、また。次は、塗装に入る予定です。あと、レンタルレイアウト・伊豆急100系と作業が山積しています。
ありがとうございました。

只今工作中「ツーク・伊豆急100系」第2期・第6回

伊豆急100系屋根B8
 皆さんこんにちは。今回は、昨日に引き続き、只今工作中「ツーク・伊豆急100系」第2期・第6回です。
 今回は、片運のT車と、両運の2両の屋根周り工作です。
写真左上は、T車のベンチレーター取付け前の様子です。6個付きます。右は、その取付けが終わった様子です。取付けは、ベンチレーター部品の下に2本の足が出ているので位置決めはし易いです。それでも、曲がらないように気を付けて接着しました。
 2段目は、両運M車の工作の様子です。車体が金属(アマミヤ)で、ベンチレーター・避雷器等はホワイトメタル製です。運転室仕切りもキットに付いているので、これらを塗装しました。
 左は、ベンチレーターを付け始めたところです。これは、裏からビス止めになっています。右は、仮に避雷器等置いてみたところです。配管は、最後に機器に入っていくように仕上げようと思っています。
 3段目は、運転室仕切りの部品です。右の資料写真にあるように「客室側がベージュ色、運転室側は淡青色」です。客室内の色は、時代により変化しています。私は「床下・黒、ヘッドライトケース・青、スコールカーが現役」の時代設定で作っています。ので、室内は資料のようなこの色になります。
 さて、今後は、窓サッシ・窓ガラス、床下機器等に進む予定です。
 では、また。ありがとうございました。 
プロフィール

モハ3023

Author:モハ3023
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード