FC2ブログ

天賞堂「HOクモヤ145」続報

天賞堂クモヤ145チラシ4
 皆さんこんにちは。今回は、天賞堂「HOクモヤ145」続報です。
 昨日(8/17)JAM2日目に参加した常連さんが、上記のチラシを見せてくれました。先日より詳しい内容で驚きの発表もあります。
 先にその点から、写真「右下」の小さい写真をご注目ください。なんと東急7200系」が第3弾として載っているのです!来年の話しですが、胸が高鳴ります(笑い)。
 クモヤ145も5つのバリエーション展開が書かれています。走行化を始めから考えた設計です。写真左下には、第2弾の「クモル145+クル144」が出ています。動力を「パワートラック」にすることでこの車体でも簡単に動力化出来ます。
 このところ、HOプラ製品の発売が勢い付いています。大いに期待したいと思います。
 では、また。ありがとうございました。
スポンサーサイト

只今工作中「アマミヤ・クモハ42」第5回

クモハ42シル9
皆さんこんにちは。今回は、只今工作中「アマミヤ・クモハ42」第5回です。
 今日(8/18)は、開店前から工作を始めました。昨日も工作中にお客様がご来店され、半田ごての電源を切るのを待っていただいたりして、ご迷惑をおかけしてしまいました。で、先手必勝でひと段落付けました。
 今日は、人生初の「シル・ヘッダー」の貼り付けです。先日KUさんからレクチャーを受けているので、安心して進められました。
 写真左上は、ヘッダーを付け始めたところです。シルの裏にハンダで「半田メッキ」をしてから、シルの脇に半田ごてで熱を伝え付けていきました。途中、バーナーでやるとどうかと試してみました。難しいです。熱量があるので、しっかり押さえないと歪んで(たわんで)きました。青ざめて(苦笑)修正しました。その後、要領が分かり一部はバーナーで張り付けました。
 ほとんどは、半田ごてで行いました。写真右上は、ウインドヘッダーが片面左右に貼れたところです。
 写真右下は、ウインドシルも貼り終えたところです。これで、車体両面が側面は貼り終えました。写真で上下に半田がはみ出していますが、ハンダメッキ状態なのでこの後軽くヤスルことで綺麗になります。それより、上下の縁に隙間が出来ないように気を付けました。
 次回は、顏のシル・ヘッダーと雨どいに進みます。ただ、顏のシルは写真だとリベットが見えないのです。部品もリベットが無い帯板がついているので資料で確認してみます。
 では、また。ありがとうございました。

HO・コダマモデル「西武2000系・生地キット」発売

コダマモデル西武2000C
 皆さんこんにちは。今回は、HO・コダマモデル「西武2000系・生地キット」発売です。
 上記のように「少量生産」です。西武2000系は人気があります。今回は、生地キット(半田組立て済・未塗装キット)です。
 ●西武2000系 4両セット 74,520円(税込) 専用床下機器別売
 ●西武2000系 先頭2両セット(クモハ+クハ)  43,200
 ●西武2000系 中間2両セット  32,400
  
ご予約は早めにお願いいたします。
では、また。ありがとうございました。

天賞堂・新商品発表!

天賞堂クモヤ145D
皆さんこんにちは。今回は、「天賞堂・新商品発表!」です。
 なんと、あの「パワートラック」がリニューアル発売になります。しばらく、生産中止で困っていましたが、安心しました。価格等は後日発表です。ある程度の仕様については上記の通りです。(詳しくは天賞堂ホームぺージをご覧ください。)
 もう一つ、衝撃の新シリーズ発表です。第一弾は、HO「クモヤ145」です。プラ・「ディスプレイモデル」の形ですが、部品を足すことで走行化・ライト点灯等も可能のようです。発売は2019年秋以降とのことです。
 この件の発表は8/13です。8/16・17・18のJAM会場で詳しく発表・展示がありそうですね。
 では、また。ありがとうございました。 

レンタルレイアウト「製作記?回」

奥トンネル9
 皆さんこんにちは。今回は、レンタルレイアウト「製作記?回」です。
 「平行して作業を」と言いながら進んでいなかった「レイアウトの山」を進めました。
 写真左上は、山の骨格(ここまでは出来ていました。)にトンネルの「壁」を作っているところです。トンネルポータルを型紙にして車両限界を正しく作業するよう心掛けています。
 右は裏側から見たところです。工作用紙で壁を作りました。このトンネルは「山全体を上に持ち上げる」やり方で、車輛の脱線等に対応する方式を採用しています。なので、軽量に設計もしています。
 2段目は、壁と補強仕切りの位置関係です。カーブは特に気を付けて作業しました。右は塗装を始めたところです。
 3段目は、トンネル壁が完成してHO/E5系で車輛限界の試験走行をしているところです。やはりカーブを一体で作るのは難しいです。多少調整をして仕上げました。
 この後、山の「樹木」を植えていきます。数(面積)が膨大なので少し気後れしそうです(笑い)。また、ジューサーでスポンジを砕き「自作フォーリッジ」の大量生産をしなくては…(気が遠くなります。笑い)
 では、また。ありがとうございました。 
プロフィール

モハ3023

Author:モハ3023
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード