FC2ブログ

電車くんの工作日記「ホビーモデル・プラ・ホキ2200」第2回

ホキ2200え
皆さんこんにちは。今回は、電車くんの工作日記「ホビーモデル・プラ・ホキ2200」第2回です。
 10月最後のブログアップとなるので、頑張りました。月に16回アップするのは稀なことです。
 で、今日は、簡単な工作です。写真は、手前横に伸びている真鍮線が今日の工作の、「ブレーキ引き棒」です。普通貨車は車体下にあるものですが、ホキ2200は下に排出口が出っ張っている関係で上に付いているのだと思います。
 面倒な工作です。真鍮線にステーの部品(4個)を通してから両脇のテコの(この小さな部品に0.5㍉の穴をさらっておくのです。)穴に真鍮線を刺すわけです。なんとか出来ましたが、ステー部品を一度間違って付けなおすハプニングもありました(形が似ていて、数も同じ、説明書の部品番号がランナーに書いてない! 涙)。
 下の写真は、斜め横から見たところです。HOスケールだとリアルですね。上手くいくと気持ちの良いものです。
 では、また。ありがとうございました。
スポンサーサイト

カツミHO「小田急ロマンスカー・GSE70000形」初走行

小田急GSE7
 皆さんこんにちは。今回は、カツミHO「小田急ロマンスカー・GSE70000形」初走行写真をお送りいたします。
 10/27(土)夜実現しました。日立店からの常連のHIさんが、カツミ池袋店で先日発売と同時に予約品を受け取ってこられました。それを間近に見る幸運を皆さんで得たのです。
 写真上は、当店新HOレイアウトを快走するGSEです。お供に当店の同じくカツミHO・小田急ロマンスカーSE8両を走らせました。歴史的に今につながる実質初代のロマンスカーSEと最新型GSEがすれ違うのですから、皆写真や動画を撮らせてもらいました。この写真をアップすることはHIさんに許諾を得ています。
 2・3段目は、GSE/SEの並びです。SEは車高が低いのが良く分かります。低重心でモノコック構造、国鉄151系「こだま」の開発に貢献したことがうかがい知れます。
 下の写真は、先頭車のアップです。塗装の素晴らしさがお分かりいただけるでしょうか。メタリックのオレンジと屋根のボルドーレッド(赤ワイン色)もメタリックでした。うっとりするような出来でした。下世話な話ですが、お値段は、約70万円(税込)です。しかもHIさんは、カツミで3本のGSEから一両ごと吟味して好きな車両で7両を組み合わせることができたそうです。個人店では無理な贅沢な話です。
 動画も撮らせていただいたので、興味のある方は、ご来店時にお声掛けください。
 では、また。ありがとうございました。

電車くんの工作日記「ホビーモデル・プラ・ホキ2200」第1回

ホキ2200G
 皆さんこんにちは。今回は、電車くんの工作日記「ホビーモデル・プラ・ホキ2200」第1回です。
 HOレイアウトも進めなくてはいけないのですが、また、キットに手を出してしまいました。レイアウトは、先日Iさんが山を作る素材の「フォーリッジ」を安く自作する方法を教えてくれました。市販品を使うと、一山作るのに数万円もかかる見込みで思案していたのです。その解決法を雑誌で見たからと必要なジューサーまで用意してきてくれたのです。ありがたいことです。試作も始めました。何とか目途が立ったので早急に進めなくては。
 で、またキットです(笑い)。今回のホキ2200は、カトーのHO完成品が市場で切れていることもあり、売り物として組み始めました。 左上写真は、キット内容の全体です。部品点数は少なめです。ただ、説明書のイラストが分かりづらいので、実車の写真やNの模型で確認して進めています。
 右上写真は、上部鋼体を組んだところです。上下左右・側面と別部品で本物の構造が理解出来ます。
2段目左写真は、裏側です。排出口は抜けています。右は上部ハッチですが、このタイプと4個別の2タイプから選べます。今回はお客様が選べるように、接着せず取り換えが出来るようにします。
 下の写真は、三角の支柱の様子です。個別に接着するようになっています。
 今回は、土曜の夜で、常連さんが19時も過ぎると沢山集まってこられるのでこの辺でやめました。
 この日は日立の時の常連のHIさんが、なんと買ったばかりの「カツミ・小田急ロマンスカーGSE7両」をお持ちになり、
みんなで、写真撮影させてもらいました。塗装がオレンジメタリックで素晴らしい質感でした。写真は後程アップできると思います。
 では、また。ありがとうございました。 

電車くんの工作日記「ワールド工芸・HO・上田交通・EB4111」第7/8回

EB3.jpg
皆さんこんにちは。今回は、電車くんの工作日記「ワールド工芸・HO・上田交通・EB4111・第7/8回(最終回)」です。
 遂に完成しました!苦労しただけに、完成の喜びはひとしおです。
 写真左上は、車体塗装の様子です。色は、結果として「赤2号(国鉄特急色・窓周りの赤)」に決めました。模型の場合難しいのですが、「売り物」ということで、見栄えを重視しました。この写真では、随分赤く見えますが、乾くと右写真のように落ち着きます。
 2段目左写真は、部品ごとに塗り分けた様子です。黒は、つや消しにはしませんでした。GMの缶スプレー黒ですので、半艶くらいです。
 3段目左写真は、車体の内側を「室内色・薄緑」に塗装した様子も分かる写真です。小さくても窓から中が見えるようなので、手間をかけました。完成してから中を見るとよい感じです。
 2・3段目右写真は、ぎ装前に試運転(性能試験)をした様子です。私は「EB」を侮っていました。何と「ワム80000」を13両牽けたのです。(もっといけそうでしたが、何せ売り物ですので、ギアを壊しても嫌なのでここでやめました。)
 4・5段目左写真は、すべての部品・インレタ等取り付け完成した勇姿です。カプラーはKDカプラー5番を付け、パンタグラフは、エンドウの「PS13・グレー」を使用しました。また、ヘッドライトは、写真側(ライト脇に機器が付いている側)だけ、点灯します。解放てこが可動するなど、細かい点も良く出来たキットです。 残念なのは、写真でもほとんどわからないと思いますが、床下のエアタンクの両側から配管が出ているのですが、真鍮線を曲げて取り付けている、など。また、雨どいは屋根の端からきちんと伸びて取り付けてある、など。手に取ってでも見なければ分からないと思います。
 さて、この製品は、販売します。参考に、ワールド工芸の完成価格は、37,800円(税込)です。当店では、組立ての苦労・手間を考えると、このくらいは付けたいですが、キット価格19,440円(税込)に、パンタ、カプラーなど別部品代を加算し、32,600円(税込)としました。 完成まで時間もかかりましたが、作るのがとても楽しく、定休日も店に出て作ろうかと思ったほどです。金属キットは最初少し取付き辛く感じるかもしれません。でも、当店でお買い上げのキットは、完成まで面倒見させていただきますので、ご安心ください。
 このキットは在庫があります。
 では、また。ありがとうございました。

早割予約「トラムウエイEF60他」のご案内

トラムウエイEF60
皆さんこんにちは。今回は、早割予約「トラムウエイEF60他」のご案内です。
 トラムウエイHO早割り予約は5㌫引き(現金5㌫引き)です。
 申し込み締め切り11/12(月)
で、よろしくお願いいたします。
発売予定は、2019年春です。
 品番          商品名                 価格(税込 円)
TW-EF60-1D  国鉄EF60 1灯形 500番台・特急色  27,000
TW-EF60-1E  国鉄EF60 1灯形 500番台・一般色  27,000
TW-20B-001 マニ20(黒)   15,012
TW-20B-002  ナロネ20(黒)  9,612
TW-20B-003  ナロネ21(黒)  9,612
TW-20B-004  ナロ20(黒)  9,612
TW-20B-005  ナシ20(黒)  9,612
TW-20B-006  ナハネ20(黒)  9,612
TW-20B-007  ナハ20(黒)  9,612
TW-20B-008  ナハフ20(黒) 12,852
TW-20B-009  カニ22(黒)  18,252
TW-20B-010  ナロネ22(黒)  9,612
TW-20B-011 ナハフ21(黒) 12,852
TW-HO-HM030 EF60用 列車名板 「あさかぜ」 540
TW-HO-HM031 EF60用 列車名板 「さくら」 540

 いよいよ黒台車・下回り仕様が出ますね。塗り替えなくてよかったです(笑い)。
 カトーには、再生産要望を毎月のように集まりで出していますが、今のところ?ですので、ありがたいですね。
 では、また。ありがとうございました。 

早割予約「マイクロエース3月」のご案内

マイクロエース3月ポスター2
 皆さんこんにちは。今回は、早割予約「マイクロエース3月」のご案内です。
 早割り予約は15㌫引き(現金10㌫+サービス券5㌫)
 申し込み締め切り11/10(土)で、よろしくお願いいたします。
新製品…青色  再生産…黒字
  品番        品 名                  価格(税込 円)
A-0302  マヤ 34-2009       4,320
A-0545  103系 西日本更新車 濃黄色 3両セット 12,852
A-0546  103系 西日本更新車 阪和線 スカイブルー 4両セット 16,524
A-2253  113系 四国更新車 ブルー 改良品 4両セット 19,224
A-2254  113系 四国更新車 ピンク 改良品 4両セット 19,224 
A-2255  113系 四国更新車 イエロー 改良品 4両セット 19,224 

A-6672  東武9000系 リニューアル 6両基本セット 20,952
A-6673  東武9000系 リニューアル 4両増結セット 11,448
A-7090  485系 「彩」いろどり 6両セット 23,112
 今回は、485系 「彩」いろどり が注目ですね。
 では、また。ありがとうございました。

電車くんの工作日記「ワールド工芸・HO・上田交通・EB4111」第4/5/6回

EB4111キット9
皆さんこんにちは。今回は、電車くんの工作日記「ワールド工芸・HO・上田交通・EB4111」第4/5/6回前回から、3日間程進めていたのですが、アップが中々できませんでした。まとめてご紹介します。
 左上は、全部の部品が揃ったところです。右はそれを組み立てた(仮組)ところです。やっと形になりました。
 中左は、足回り(台車枠)と車体です。右写真は、少し欲が出て、ヘッドライトを点灯するようにしました。もちろんその用意はキットにされてないので、加工します。ライト部品が「ロストワックス」なので、硬くて困りました。電球はエンドウの1.5ボルト・ミクロ球を、抵抗を入れて使用しました。ミクロ球だと、名前通り電球が1ミリ程なのでスケール通り組み込めます。 中右写真は、動力ユニットに電球をつなぎ走行実験の用意をしているところです。
 下左写真は、車体を全て仮組し、電球を外に出して走行試験をしているところです。最初は、なぜかショートしてしまい、原因を見つけるのに苦労しました。結局、車体と動力のどこかが接触していたようです。セロハンテープでモーター周りを絶縁したら直りました。右写真も試験走行の様子です。ライトは抵抗の容量の関係である程度スピードが上がらないと明るく点灯しません。有り合わせの部品で間に合わせたので仕方ありません。
 で、いよいよ塗装の準備を始めたのですが、車体色の選択で悩んでいます。実車の写真は、どれも使い込まれた色褪せた感じです。本来の色が分からないくらいの薄赤茶みたいな色です。キットメーカーの完成見本写真は、鮮やかな赤です。資料の本などですと、エビ茶色(埃で汚れて薄っすらと見える)のようでもあり。
 なので、試験に「GM西武赤電色・ラズベリー」「赤3号・赤ホキ色」を実際に真鍮板に塗って比較しています。今のところ個人で作るなら、実車の様子に近い「西武・ラズベリー」が良いと思いますが、売り物にするので、見栄えからは「赤3号・赤ホキ色」かな、と考えています。
 では、次は塗装完成した姿がお見せできると思います。
 ありがとうございました。

カトー商品説明会(10/16)参加報告

カトー説明会20181016A
写真は、メーカー資料より。
皆さんこんにちは。今回は、カトー商品説明会(10/16)参加報告です。
 今回目玉は、HO「キハ110・飯山線リバイバル色」です。写真左上の2両の下の車輛の色が発売品の決定した色です。試作より明るく鮮やかになりました。発売は11月の予定です。まだご予約いただけます。
 そして、12月発売予定で順調に製作が進んでいる「ななつ星in九州」が、最終試作で展示されました。ただ、写真はOKなのですが、許諾の関係で、「JR九州と水戸岡さんのドーンデザイン」の監修中の表記を画像に入れることが義務付けられているそうです。
で、右上は、3号車のほぼ販売品の状態です。この艶が見事ですね。オレンジ系の茶色だそうです。また、水戸岡さんの要望で、車内通路の個室扉窓ガラスの表現・透けて見えること、とのことで(模型ではくり抜きで表現)も入れたそうです。拘りがすごいです。左2段目は、牽引機DF200です。まだ車体だけでしたが、この出来です。右はケースに収まった状態です。機関車と客車合わせてセットに入ります。なお、12月には注文数の70㌫しか出荷できないそうです。後の30㌫は次の月になるようです。
 さて、左下は、何だかお分かりになりますか。DE10・ななつ星の補機のデッキ周りの部品です。今回JR九州の要望で「DE10」に「ななつ星」に関わる表記を入れてはいけないそうです。なので、ポスターにも「ななつ星」のDE10とは入っていないのです。イメ―ジを大事にするのですね。デッキの手すりは素晴らしい細さでした。しかも、下から一体で成型されていました。すごい技術です。
 最後に、右下は「C62・常磐線」の写真です。着々と進行しています。
 おまけに、すごい「HO新製品情報」を社長から頂きました。ここには書けないので、興味のある方は、ご来店時にお尋ねください。
 では、また。ありがとうございました。

電車くんの工作日記「ワールド工芸・HO・上田交通・EB4111」第3回

EB4111a7
 皆さんこんにちは。今回は、電車くんの工作日記「ワールド工芸・HO・上田交通・EB4111」第3回です。
今日も、お客様がお帰りになった後、始まりました。日曜は、作りたかったのですが、さすがにお客様が多く、半田ごてを温めても「あ、車だ!」という具合でした。2回ほど挑戦したのですが夜8時にご来店のお客様を迎えてから「今日はやめた。」となりました。
 で、10/15(月)今日は夕方、お客様がお帰りになった後、開始しました。
 写真左上は、ボンネットの前に付く部品の様子です。楊枝の先の丸いのがそれです。穴を頼りにハンダ付けします。さらにこの部品の上に重ねて付ける部品があるのですが、材質が「ホワイトメタル」なので、ハンダでは溶けてしまうため、後で接着剤で付けます。 右上は、台車枠と車体フレームに前面枠を取り付けたところです。台車枠のバネ部分は、別部品です(手間がトコトンかかるキットです・苦笑)。
 左下は、車体フレームに「解放てこ受け」をハンダ付したところです。解放てこは、可動します(!)。でも、そこまでにする調整が面倒でした。部品が小さすぎます。(あまり正直に書くと、キットを買ってもらえなくなりますね。 笑い だからこそキット完成品の価値があるのです!完成したら販売します。)
 さて、本日の成果が右下写真です。今日は右下3部品を作り、合計7部品になりました。これで大きな部品は完成です。あと、車体の総組立や、ホワイトメタル系の部品の取り付けなどです。次回は車体が形になると思います。本日の作業時間は約3時間でした。
 では、また。ありがとうございました。

電車くんの工作日記「ワールド工芸・HO・上田交通・EB4111」第2回

EB4111お
 皆さんこんにちは。今回は、「電車くんの工作日記「ワールド工芸・HO・上田交通・EB4111」第2回」です。
 今日は、昼間お客様がお帰りになった後、工作にかかりました。
 足回りは終わったので、後は楽しい車体の組立てです。と、思ったのですが、始まってみると「むむ…、やはりワールド工芸…」という箇所がありました。そうは楽させてもらえません(笑い)。で、上の写真は、キャブの部分です。やはり折り曲げて四角に組み上げます。
 2番目の写真は、屋根部品です。塗装の塗り分けを考えて、ネジで分割できるように設計されています。ありがたいのですが、ネジ穴(自分でタッピングするのです!面倒!)をその都度開けながら工作を進めます。
 3番目の写真は、屋根上のパンタ台部品を組付けたところです。洋白板と真鍮板を場所により使い分けています。因みに、パンタランボードの足部品も別パーツをハンダ付するのです(!)。30Wの先の細い半田ごてでないと、細かすぎて入りません。 さて、腰が痛くなったので今日はここまでとしました。一番下の写真は、本日の成果です。キャブ・屋根・ボンネット(これも複数の部品を組付けて1個完成するのです。)×2が並んでいます。また爪楊枝を並べました。HOのはずですがこの小ささとは…。
では、また。ありがとうございました。あ、このELも売り物にするつもりで作っています。工賃が‥怖いです(笑い)。

早割予約「トミーテック・鉄コレ3月」のご案内

トミックス鉄コレ3月C
写真は、メーカー資料より。
早割り予約は15㌫引き(現金10㌫+サービス券5㌫)
申し込み締め切り10/28(日)で、よろしくお願いいたします。
 鉄コレは一部のみのご案内です。他のものは、ご来店時にご確認ください。
       品 名                                   予価(税込 円)
鉄コレ ナローゲージ80 
蒸気機関車(黒)+客車(旧塗装) トータルセット(Mユニット、T車輪等付き) 11,880
蒸気機関車(緑)+貨車 トータルセット(Mユニット、T車輪等付き) 11,340

鉄コレ Nゲージ 鉄コレ第28弾 (10両入) 12,960
鉄コレ Nゲージ 鉄コレ 営団地下鉄 5000系 千代田線・非冷房車 5両セットA 8,100
鉄コレ Nゲージ 鉄コレ 営団地下鉄 5000系 千代田線・非冷房車 5両セットB 8,100   
     
 いよいよ鉄コレ80にSLが登場します。この機会に「小型レイアウト」作ってみませんか?見本を店頭に展示中です。
 では、また。ありがとうございました。

早割予約「トミックス3月」のご案内

トミックス3月8
 写真は、メーカー資料より。
早割り予約は15㌫引き(現金10㌫+サービス券5㌫)
申し込み締め切り10/28(日)で、よろしくお願いいたします。
 新製品…青字 再生産…黒字
 品番           品 名                   予価(税込 円)
98319  E5系 新幹線(はやぶさ・増備型)基本4両セット  14,796
98320  E5系 新幹線(はやぶさ・増備型)増結6両セット  16,308
98663  E6系 新幹線(こまち・後期型) 7両セット  25,272
98311  キハ81・82 くろしお 基本4両セット  17,820
98312  キハ81・82 くろしお 増結A 3両セット 13,716
98313  キハ81・82 くろしお 増結B 3両セット 13,716

98269  キハ82 基本4両セット  18,036
98270  キハ82 増結3両セット  9,504
98314  167系 田町アコモ車 基本4両セット 17,820
98315  167系 田町アコモ車 増結4両セット 13,284
97903  限定 EF81・24系 トワイライトエクスプレス・登場時 10両セット 30,240
98664  209 500 武蔵野線・更新車 8両セット 22,464
97909  限定 JRE233 1000 京浜東北線 131編成 10両セット 27,540
  
 今回は、HO(16番)がないようですが、ご心配なく。ここには書けませんが、気になる方は、ご来店時にお尋ね下さい。
 では、また。ありがとうございました。   

電車くんの工作日記「ワールド工芸・HO・上田交通・EB4111」第1回

EB4111I.jpg
 皆さんこんにちは。今回は、電車くんの工作日記「ワールド工芸・HO・上田交通・EB4111」第1回をお送りいたします。
 ついに工作熱が高じて(笑い)、HO・金属工作に進んでしまいました。
金属キットは、何度かN/HO共経験していますが、久し振りの「ワールド工芸・HO」です。HO金属キットと言っても、常連のKUさん曰く、HOでも、Nの工作のやり方なので、板厚は薄いし折り曲げが多いし、僕は嫌だな。と言うくらいなので、覚悟はしていました。
 で、「EB4111」は左上写真(上田交通で現役の時)のように、非常に小型の可愛いらしい電機です。貨車より小さいくらいです。
 ワールド工芸の金属キットは、確かに「山折り・谷折り」と二つ折りにして、強度を得る工作が多く、人により面倒と感じるようです。
私も同感ですが、慣れればこんなものか、と納得します。
右上写真は、キットの内容全体の様子です。説明書はカラーで、手順のイラストも丁寧です。2段目左写真は、台車〈2軸〉足回りの様子です。板を曲げて(山折り等)箱状にし、ハンダを(今回は30Wの半田ごてを使用)流して部品を作ります。右は、黒塗装したところです。(足回りは先に塗装するよう書かれています。)説明書は「つや消し黒」の指定でしたが、好みでGMの缶スプレー「黒・半艶くらい」を選びました。
 3段目左写真は、足回りフレームにギアを組み、モーターと組む前、右写真は、組み終わりレール上で走りの調整をしているところです。何とか一発でスムーズに走りました。一安心です。あと、大きさ(小ささ)をご覧ください。レール上脇に「楊枝」を並べました。
この小ささなのです。一番下の写真は、「ワラ1」と並べたところです。この後車体が載りますがワラとのバランスはこのままです。 ウエイトも付きますが牽引力は期待してはいけませんね、
 面倒な足回りが終わり、後は楽しい車体の工作です。早く作りたくて、定休日も店に出ようかと思ったほどです。
 今日は、トミックスの1~3月の新製品が発表になり、この後アップしますので、ご期待ください。
 では、また。ありがとうございました。

HOレイアウト拡張工事(第33回)

海岸地層D
 皆さんこんにちは。今回は、「HOレイアウト拡張工事(第33回)」をお送りいたします。
 前回、地層の塗装に使った「スプレー」が、ノズルが細すぎアクリル絵の具が詰まって行き詰っていました。そこで、今回同じ100均のお店ですが、ノズルが少し大きめのスプレーを見つけました。写真に写っているものです。
 今日試してみると、OKでした。気持ちよく吹き付け作業が進みました。で、写真は、下塗りを施したところです。今後、部分ごとに色合いを変えて自然の雰囲気(ニュアンス)を出していきます。さらに上部には、樹木の表現をしていきます。ただこれも、Nゲージとスケールが違うので、フォーリッジ等を使うにしてもコストが相当かかるので、常連さんのIさんから教わった方法等試してみようと思っています。
 一日も早く、このセクションだけでも早く完成させようと自分に言い聞かせています(苦笑)。
 では、また。ありがとうございました。

早割予約「カトー2・3・4月」のご案内

カトー234月お
 皆さんこんにちは。今回は、早割予約「カトー2・3・4月」のご案内です。
 遂に出ます!HOキハ81(ブルドック)です。
 Nゲージ・HOカトーの早割り予約は15㌫引き(現金10㌫+サービス券5㌫)
 申し込み締め切り10/22(月)で、よろしくお願いいたします。
 新製品…緑色 再生産…黒字
2月予定 N
 品番          商品名                       価格(税込 円)
10-1531  キハ58系 非冷房車 急行「いいで」 7両セット  25,812
10-1532  キハ58系 非冷房車 急行「ざおう」 5両セット  20,304
10-1525  189系 グレードアップあずさ 7両基本セット  22,356
10-1526  189系 グレードアップあずさ 4両増結セット  10,908
10-1212  211系 3000 長野色・スカート強化型 3両セット 11,016
3066-1   EF81 一般色  7,992
    
10-816  10系 寝台急行「能登」 7両基本セット  12,960
10-817  10系 寝台急行「能登」 6両増結セット  11,124
10-1287  313系 1700 飯田線 3両セット 12,960
 3月予定 HO 
キハ81・ブルドックは、単品での発売です。キハ82セット・単品と組み合わせて編成をお組みください。
3-509-1 HO キハ82系 4両基本セット  36,504 (今回、改良新製品扱いです。)
1-607-1  キハ82(先頭車)   8,424
  
1-608    キロ80  6,696
1-609    キハ80  6,696
1-610    キシ80  6,696
1-611    キハ80・M 12,960
 4月予定 HO
1-612  キハ81・ブルドック  9,180
1-613  キハ82-900  8,856

 「続きを読む」のページ「キハ82・81」の編成表を載せましたので、ご活用ください。(クリックすると表示されます。)
 大変お待たせいたしました。ようやくHOキハ81(ブルドック)が発表されました!
  まだ先ですが、待ち遠しいですね。
では、また。ありがとうございました。  

続きを読む

ホビーモデル・HOプラキット「ワキ5000」製作記2

ワキ5000う
 皆さんこんにちは。今回は、「ホビーモデル・HOプラキット「ワキ5000」製作記2」をお送りいたします。
 定休日を挟んで、10/3(水)の夕方に完成しました。デカールを貼っている途中、地元の常連Kさんがいらして、HOカトーコキ、ワム、YAMA模型のHO車両箱 2箱(10+16=26両分)をお買い上げいただきました。コキは26両が最大の編成があるので、その辺をお考えのようです。
 お帰りになってから、デカール貼りを完成させました。乾燥してから、半艶のクリアー塗料でコーテイングする予定です。
なお、車体は「ジェイズの缶スプレー・赤3号・とび色」で塗装しました。半艶でいい感じに仕上がりました。少し赤みが強い感じですが、新製時はこんな感じでしょうか。
 デカールはアクセントにもなり、これだけ大きな車体だと、引き締まります。妻面の手ブレーキ表示(白帯2本)も良いアクセントです。
 売り物にしましたので、ご希望の方はよろしくお願いいたします。キットも1セット在庫しています。
 では、また。ありがとうございました。
プロフィール

モハ3023

Author:モハ3023
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード