FC2ブログ

只今工作中「HO/キハ05」第4回

キハ05AB8
皆さんこんにちは。今回は、只今工作中「HO/キハ05」第4回です。
 臨時休業中は作業がはかどります(あまり嬉しくないですが)。今回は、「オレンジ・GM缶スプレー・31番・朱色4号」で塗装しました。
 写真左上は塗装前の様子です。屋根塗装のグレーが車体にもかかっています。これが後で悪さをすることに。
 右は、屋根をマスキングして、準備完了の様子です。塗り方の順番を以前と変えたメリットが、ここに出てきます。雨どいの屋根との境目は、この方がマスキングし易いのです。
 2・3段目は左上から右下の完成までの途中経過です。先ほどの「悪さ」ですが、1回目の塗装の時、気付いたのでした。車体の下地が「ダークグレー」にまみれていたので、オレンジ(明るい色)が透けて暗めになってしまうのです。ここで、勇気を出して(笑い)白かライトグレーで下塗りをやろうか迷ったのですが…。
 個人の好みもありますが、「黒(濃い色)で下地を塗る」というのは、よくプロモデラーが使う手です。こうすると「角などの」エッジがシャープに出るのだそうです。今回も写真3つ目まで(昨日夜)は、「程よい少し使い込んだ」オレンジ色で個人的には良いかなと思いました。
 が、「売り物」なので、4つ目(右下写真)の段階まで(本日)、厚塗りにならないよう気を付けながら、塗り重ねました。色合いが変化したのがお分かりになるでしょうか。
 この後、1日良く乾燥させて「クリーム色」に進みます。
 では、また。ありがとうございました。
スポンサーサイト



只今工作中「ツーク・HO伊豆急100系」新・第1回

伊豆急100A7
 皆さんこんにちは。今回は、只今工作中「ツーク・HO伊豆急100系」新1回です。正しい回数は、もう何年も間を開けながら作っているので、分からなくなりました(笑い)。
 このブログをお読みの方は、当店が現在「臨時休業 4/25~5/6」しているのはご存じかと思います。ただ、「不要・不急」に当たらない「必要なお買い物・部品が無いと工作に籠れない・予約品の受け取り等」などには対応しています。で、私は、定休日以外は「店に出て工作」しています。
 もちろん、お客様のご依頼品が優先なのですが、家族から「この機会に、自分の作りたい工作もやったら。」と、嬉しいお言葉(笑い)。で、「何年越し」になっている「伊豆急」も再開したのです。「自分の工作」は格別ですね!楽しませてもらっています。
 写真左上は、工作前の「現状の姿」です。屋根は(車体上半色・ペールブルー)になっています。これでも昨年(笑い)、この塗装をして、「銀帯」をデカールで貼るところまで進めていました。今回は、「屋根塗装」です。この色も雑誌の現物では新旧(明るいグレーからダークグレー)まで、まちまちです。最後は、「自分の好み」で決めれば良いわけです。私は、キットの指定色「GM缶スプレー・№9・ライトグレー」にしました。
 右写真は、屋根を残して厳重にマスキングして、ライトグレーに塗った(まだ1・2回)のですが、良く分かりませんね。
 2段目左は、数回に分けて塗装し終わったところです。右は、マスキングを外し並べたところです。
 ちなみに紹介が遅くなりましたが、3段目写真左から「ツーク・100系プラキット・クモハ110低運車、谷川・金属キット100系(クモハ100両運車)、ツーク・100系プラキット・クハ150高運車」の3両です。塗装するとプラも金属も分かりませんね。
 クモハ100両運車は、屋根の配管も終わっています。また、プラの2両はキットに標準のシートも塗装済みです。実は、どうしても作りたい車種(スコールカー・食堂車)があるのです。キットでは発売されませんでした。自作する準備はしているのですが、まずこの3両を先行完成してから、と思っています。
 さて、次は、前面の「銀帯」(水張りデカールは、顔部分があまりに複雑)をどうしようか、塗装した方が簡単かとも思っています。
 あと、プラのクモハもパンタ配管は、前に曲げ済みです。配管止めをキット付属の「オーバースケール品」にするか、別パーツにするかなど色々悩むところです。まあ、こんなところも楽しいことではあるのですが。
 では、また。ありがとうございました。 

只今工作中「HO/キハ05」第3回

キハ05AA8
皆さんこんにちは。今回は、只今工作中「HO/キハ05」第3回です。
 今回は、「屋根の塗装」です。ここのところ屋根は先に塗装するやり方が定着しています。理由は、「塗り分け」のし易さです。雨どいと車体の境界線がマスキングし易いので採用しています。
 さて、写真左上は、塗装前の車体です。白のサフェーサー掛けされた状態で箱に入っています。このまま塗装に入れる親切キットです。ただ、前回の「キハ20バス窓」は、車体裾の「めくれ」に塗装をしてから気付き、「アレー」状態になった反省から、今回は下地塗装の点検しました。
 幸いこのキットは、下地に問題はないようでした。で、早速屋根塗装に入りました。色は、実車の感じから「GM35番・ダークグレー」にしました。右写真は、1回目軽く吹いたところです。缶スプレーで綺麗に塗装するコツは、数回に分けて薄く重ねていくことです。慣れると見ただけでは、「エアブラシ」と見分けがつかないくらいです。
 2段目右は、仕上げ塗りをした様子です。写真では分からないですね。このままだと艶があるので、仕上げに「つや消しクリアー」を塗りました。左下写真がその完成した様子です。良い感じに仕上がったかと思います。
 今回はここまでとしました。次は車体(オレンジ・クリーム)の塗装なのですが、塗り分けパターンが2通りあるのです。それをIさんにどちらにするかお聞きしないとなりません。で、本日伺ったところ「塗り易い方でいいですよ。」とのことでした。この写真の本に出ている車両は、「特殊」な方です。どこがかと言うと、上のオレンジ・クリームの塗り分け線が「乗降ドアの上」なのです。一般的な方は、「ウインドヘッダーの上」でクリーム色の幅が異なるわけです。
 工作上のマスキングのし易さからは、後者のほうかな、と思います。
 では、また。ありがとうございました。
 

只今工作中「HO/キハ05」第1・2回

キハ05A14
 皆さんこんにちは。今回は、只今工作中「HO/キハ05」第1・2回です。
 これは、Iさんのご依頼品で、前のKAさんと同じ「KIHA」というメーカーのHOペーパーキットです。この「キハ05」も車体組立済みの製品です。私は、車体完成(手すり・ベンチレーター等)・塗装・動力組込みと、トータルで走行できるまで担当です。
 さて、この車両(実車)の簡単な説明をしておきましょう。Iさんが資料として貸してくださった「RMライブラリー・キハ41000とその一族」によると、国産気動車の第一号だそうです。旧形式がキハ41000系列で、その一部が「キハ05」と改称されました。
 実車は、小海線を始め、千葉の木原線・小湊鉄道等でも活躍しました。今回の塗装は、気動車・新標準色(オレンジ・クリーム)のご希望です。
 さて、写真左上は、完成している車体の様子です。ホワイトサフェーサーが塗られています。「手すり穴」も開いているので、先ず手すりを作りました。自作の穴開けジグで「直径0.4の洋白線」を曲げて、乗降ドア回り(長・短)16本、顔に前後10本です。数はまだそれほどでもないのですが、いやらしいのは、乗降ドア上側の手すりの塗り分けです。なんと、一番下がクリームから下のオレンジにほんの少し掛かっているのです。最後に手塗りで対応しようと思います。
 右写真は前面4枚窓が分かるショットです。車体長さも16メートルと短めです。
 2段目は手すりを曲げ取り付けたところです。これは仮取付けで、今回も塗装の便を考えて車体塗装終了後、最後にするつもりです。
 3段目は正面に手すりを付けたところです。腰に3本、右窓2枚目に縦に2本付きます。
 4段目写真は、手すりの塗装準備の様子です。オレンジとクリームに分け塗装します。下塗りに「金属用プライマー」を吹いています。特に手すりは剥げやすいので、念入りに行いました。
 5・6段目は、車内の塗装をするところです。この車両は、車内は木張り(木目)なので、タミヤの「レッドブラウン」で塗装しました。
 右下は、手すりの塗装が終わり、乾燥しているところです。
 今回は、1・2回分をまとめてアップしました。
 では、また。ありがとうございました。

カトーHO「EF81・サウンドシステム」デモ店のご案内

カトーHOEF81サウンド10
 皆さんこんにちは。今回は、カトーHO「EF81・サウンドシステム」デモ店のご案内です。
 本日(4/24)待望の「カトー・HOサウンドシステム」(部品としては、28-510・サウンドボックス用車載スピーカー送信機6,050円税込と28-530・HO・EF81車載スピーカー・7,150円の2点)が届きました。早速組付けてみました。
 写真左上は、今回届いた2点の部品と、組付けるHO・EF81(北斗星色)です。右と2段目左写真は、その内容です。配線もされておりあと組付けるだけで済みます。それも簡単な作業です。慣れれば30分もかからないと思います。
 2段目右は、車体を分解してライトユニットを外したところです。これは、屋根板を外すための作業です。
 3段目は下回りの部品を外し、サウンド部品の取り付け待ちのところです。
 右は「車載スピーカー」部品を取り付け、配線の取り回しをしているところです。車体は取付け前提で作られているので、スッキリ部品が収まります。
 写真の説明です。車体左手の丸い部品は「スピーカー」です。真ん中の細長い基板は「スイッチユニット」です。右台車上の四角い銀色の部品は、バッテリーでUSBで充電できます。あと、手前横に四角い黒い部品があり、これは「受信機ユニット」です。送信機も同様充電して使えます。車載ユニットは、この4つの部品で構成されています。
 4段目左は、部品の組付けが終わり、車体を被せたところです。しかし、ここで間違いに気付きました。上の穴から「ライトスイッチ」が見えないのです。そうです、ライトユニット基盤を取り付けるのを忘れていたのです(泣き)。仕方なく、もう一度車体を外しやり直しました。こんな時に限って、お客様がご来店になるのです(笑い)。ありがたいことです。で、お帰りになってから完成させました。
 写真右下は、試運転(カトー・スマートコントローラーを使用)をしているところです。ここでも、上手くいかないことがありました。製品に私がまだ慣れていないための初歩的問題でした。ブルートゥースで車両は動くのに、サウンドのボタンが「タブレット」側に出なかったのです。説明書を色々読み直し、結果「サウンドボックス」と「送信機」をつなぐコードが間違っていました。「通信ケーブル」で繋ぐべきところを、「ジャンプコード」で繋いでいたのです。カトーに聞いてみようかと思いましたが、自力解決でき良かったです。
 試運転は順調に進みました。タブレットで運転とサウンドがコントロールでき、非常に快適です。また音量も大きく、当店のレイアウトでも(1周22㍍)音量70%くらいで十分大きく聞こえます。
 当店は、カトーのデモ店登録をしております。音・走りを確認していただけますので、どうぞご来店ください。(この時期ですので、コロナが終息してからで十分です。)
 また、部品の「取付けサービス」(工賃がかかります。)も行います。車両をすでにお持ちの方は「部品代+工賃」、車両をお持ちでない方は「車両代+部品代+工賃」となります。金額はお尋ねください。
 では、また。ありがとうございました。

只今工作中「トラムウエイ・レム6000プラキット」第2・3・4回(完成)

レム6000あ14
 皆さんこんにちは。今回は、只今工作中「トラムウエイ・レム6000プラキット」第2・3・4回(完成)です。
前回から、3日程続けて頑張りました。今回のレムは、前回より相当レベルアップしています。
 それは、もう今回で3セット目(6両も)も作ったからだと思います(経験は重い!)。で、完成しました。販売します。
 写真左上は、帯の塗装が終わったところです。右は「手すり」を付け始めたところです。手すりは曲げ済み(金属・黒)が入っています。穴も開け済みなので楽ですが、高さが揃うよう1ミリの紙を挟み、紙テープで止めて接着しました。
 2段目は、全体の手すりが付け終わり、解放テコも付け終わりました。手すり等は1両で、16か所ありました。今回幸運だったのは、手すり・コイルばね・ピン等1ミリ程の部品を4・5回はテーブルの下に落としましたが、全部奇跡的に(笑い)見つかったことです。なので、手すり等完璧に取付けできました。(メーカーが、多めに部品を入れておいてくれれば良いのですが。)
 2段目右は、台車板バネ部品です。位置決めはし易かったです。
 3段目は床下配管が完成したところです。もちろん、ブレーキは「片ブレーキ」で仕上げました。配管が一部ですが、少なくて済みます。
 4段目左は、完成した下回りに「ウエイト・おもり」をはめているところです。右は、車輪の取り付け(車輪は車軸と車輪を自分で組み立てます。前回は、はめ込み時に車軸の中心がずれ、他メーカーの車輪を使う羽目になりました。今回は、慎重にはめ込み全数成功しました。)です。
 カプラーも、部品を組み立て自分で作るのです。しかも1ミリほどの金属ピン・コイルばね(数は余分がありません。)等を使うのです。目も良くないと組み立て不可ですね。嫌がられる所以です。
 最後に、ナンバー等インレタを貼り付けて完成としました。ホッとしました。でも、工作は楽しめました(無理してます・笑い)。
 次回は、Iさんの「キハ05」に入りましょう。
 では、また。ありがとうございました。

只今工作中「トラムウエイ・レム6000プラキット」第1回

レム6000I
 皆さんこんにちは。今回は、只今工作中「トラムウエイ・レム6000プラキット」第1回です。
 このキットは、前にも作ったことがあり、販売済みです。最近、キット完成販売品が底をついているので、お客様の依頼工作の隙間に入れさせて頂く予定です。
 さて、このキットは、箱の中を見せると90%の方が恐れおののいて(苦笑)、買うのを諦めるという代物です。これまでお買いくださったのは、お一人だけです。床下の配管が多分ネックなのだと思います。ブレーキを「片ブレーキ」で作れば配管も減らせるのですが。
 写真左上は、車体1両分の部品です。2両セットで、これは塗装済み(車体・白のみ)キットの方です。
 このキットの特徴は、この写真上の車体の芯の箱に、周りの車体板(屋根を含め5枚)を貼り付ける構造というところです。右はその組み立て中の様子です。
 2段目左は、帯の塗装準備です。青15号の横帯が入ります。キットには「帯デカール」が入っていますが、前の経験から塗装を選びました。マスキングが結構大変です。帯幅3.75ミリです。写真はその幅の部分を剥がしているところです。右は、全体をマスキングしてから、青15号を1回目吹いたところです。その下写真は、数回に分けて塗装し、マスキングを剥がした車体です。
 左3段目は、帯塗装が終了した車体です。この後、細かい吹込み個所のタッチアップをしておきました。
 4段目右は、床下の工作に入ったところです。最初に、メタル軸受けを台車枠にはめ込み、ブレーキ配管を通しながら床板に取付けます。配管は同時に作業しないと入りません。この辺の面倒さも、慣れない方に嫌われる理由でしょうか。
 今回は、ブレーキ配管だけで終わりにしました。こちらは、依頼品の合間に入れていく予定です。
 今後は、Iさんの「キハ05」を本格的に進めることと、KAさんから連絡があったので、「キハ20バス窓」の仕上げの仕上げに入れます。
 では、また。ありがとうございました。 

早割り予約「天賞堂・185系第2弾」のご案内

天賞堂185系第2弾2
 皆さんこんにちは。今回は、早割り予約「天賞堂・185系第2弾」のご案内です。
HO「早割予約」は5%現金引き
申込み締め切り5/18(月)で、よろしくお願いいたします。
 早くも第2弾の発表です。発売は、2020年秋以降順次となっています。
   品番           品 名                  予価(税込 円)
55049  185系 200番代 「EXPRESS 185」 7両セット 110,000~143,000
55050  185系 0番代 「新踊り子色」 4両基本セット  66,000~77,000
55051  185系 0番代 「新踊り子色」 増結中間3両セット  49,500~55,000
55052  185系 200番代 「157系リバイバル色」 7両セット 110,000~143,000  

 (55053 「80系リバイバル色」は天賞堂・直営店限定品です。ご注文いただけません。)
 前回の第1弾は、たくさんのご予約をいただきました。ありがとうございました。
 今回は、予想通りの残り4種が出揃いましたね。お財布の為にも、十分間を開けて発売してほしいところです。
 では、また。ありがとうございました。

只今工作中「HO/キハ20バス窓・旧標準色」第12回(ほぼ完成)

キハ20バス窓00完成8
 皆さんこんにちは。今回は、只今工作中「HO/キハ20バス窓・旧標準色」第12回(ほぼ完成)です。
 ここ3回分位をまとめてアップします。「ほぼ完成」というのは、最後に「納車点検」(タッチアップや手直し等)があるからです。この写真でもカプラーが少し下がっていたり、目で見ては気が付かない点が「写真だと」分かってしまう(笑い)ことがありますね。
 さて、写真左上は、手すりを取り付けているところです。傷を付けたり曲げないように工作の最後にとってありました。すでに開いていた穴は、もう一度「ピンバイス」でさらってから植え込みました。高さを揃えるため「ジグ」として、0.5ミリ厚の工作用紙を2つ折り(1ミリ)にして挟みました。1本長く出っ張っているのは、これから押し込む様子を見てもらうための演出です。この後、規定の高さになるよう押し込み裏から接着しました。
 接着は瞬間接着剤を使いました。ただ、裏から止めるドア脇の手すりはよかったのですが、前面の小さい手すりは表から瞬着をつけたのです。すると知ってはいたのですが、発生した「ガス」が塗装面に悪さをしました。少し曇ってしまったのです。タッチアップで修正できましたが、気を付けなければいけません。
 右写真は、その手すりが全部付いた完成写真です。その下も角度や向きを変えて撮ったものです。
 写真にはありませんが、今回最後に苦労したことがありました。それは「台車組み込み・釣掛け式動力」です。単体の時は走るのに、車体と合わせると、ショートしてだめなのです。何度も絶縁を確認したりしてやり直すのですが上手くいきませんでした。結局最後に全部「部品の元の状態」に戻し、組み立て直しして解決しました。快調に走った時は、ホットしました。
 あと、部分写真はありませんが、前面の「ヘッドライト・テールライト」、「標識灯掛け」、「ステップ」、「ジャンパ栓」等も取付けました。ヘッドライトは、今回点灯化しないので、レンズ裏に銀塗装して「反射板」があるように見せています。
 「ほぼ完成」なのは、あとKAさんに「ナンバー・表記」等細かいところをどうするか、相談してなかったことに気が付いたからです。多分これをお読みになって連絡がくると思います。
 次にIさんの依頼品「国鉄キハ05」(今回と同じメーカーのペーパー車体完成キット)が控えています。
 では、また。ありがとうございました。

只今工作中「HO/キハ20バス窓・旧標準色」第11回

キハ20バス窓0床7
 皆さんこんにちは。今回は、只今工作中「HO/キハ20バス窓・旧標準色」第11回です。
今回は、「床下機器」です。写真左上は、日光モデル・床下機器の「セット説明書」と部品です。エンジンは複数のパーツを組み立てます。ラジエターのフィンも表現されています。説明書は「キハ55」の例とあり、これは2個エンジンですから、自分で調べないと正しくは分かりません。この辺がHOキットのよくある「不親切」なところです(笑い)。これに慣れないと、HOキットは組めません(苦笑)。
 上右写真は、天賞堂「キハ11」を見本に並べています。1個エンジンなので、機器配置は参考になります。それでも、細かくは差異があるものです。
 2段目左は、配置が終わり、台車も置いてみたところです。この段階で、レールに乗せて、床下機器のクリアランスや、カプラー高さの確認等しました。
 右下3枚の写真は、床下機器にプライマーを吹いてから塗装(ダークグレー)したところです。下2枚は左右側からの写真です。
 床上(室内側床)も同じグレーで塗装しておきました。
 次回は、手すり・、台車・カプラー等を取り付ける予定です。いよいよ完成が見えてきたような気がします!
 では、また。ありがとうございました。

只今工作中「HO/キハ20バス窓・旧標準色」第10回

ensha3023/20200413180157063.jpg" target="_blank">キハ20バス窓11顔7
皆さんこんにちは。今回は、只今工作中「HO/キハ20バス窓・旧標準色」第10回です。
 「新型コロナウイルス」の影響が模型店にも影を落としています。当店は、「通常通り営業」しております。土日も常連様を始め,初めてのお客様もご来店くださりました。ありがとうございました。でも、本日は暇なので(笑い)工作を進めていました。
 今回は、床下機器ではなく、顔の仕上げを行いました。
 写真上・左右は、顔に「ステップ・標識灯掛け・テールライト枠」を取り付けているところです。ステップはアート紙(薄くても腰があります。)で作りました。「標識灯掛け・テールライト枠」は、KAさんが用意してくれた「ロスト製部品」です。取り付けてから「面相筆」で塗装しました。
 2段目左は、その塗装が終わったところです。車体と同じ色なので、あまり目立たないですね。右は、さらに前面貫通ドアに「渡り板」を取り付け塗装したところです。「ジャンパ栓受」も右下に2連付けました。これも目立たないですね(笑い)。
 3段目写真は、「ホロ」部品を塗装したところです。ダークグレーに塗りました。この部品は「完成した形」でキットに入っていました。紙なのに細かい表現(ホロのヒダ等)がされていて驚きました。
 次回は多分「床下」に進めると思います。
 では、また。ありがとうございました。

只今工作中「HO/キハ20バス窓・旧標準色」第9回

キハ20バス窓1床8
皆さんこんにちは。今回は、只今工作中「HO/キハ20バス窓・旧標準色」第9回です。
 前回から1週間ほど間が空きましたが、少しずつですが進めていました(苦笑)。
 今回は、2回分ほどをまとめて報告します。いよいよ床板・足回りの工作です。写真左上は、床板(木製にしました。)の受けアングルを車体に仮置きした様子です。金属キットだと、車体全長に入れるものですが、今回はドア間に入れる形にしました。
 右写真は、塗装後車体に接着しているところです。また、運転室の「仕切り」も工作用紙で作り、塗装後取り付けました。
 2段目左は、木製床板を車体に合わせ加工後取り付けてみたところです。サイドの欠き取りは、ドアの「明り取り窓」を避けるためと、最後に取り付ける「手すり」の出っ張り分を避けるためです。
 右写真は、床板を車体に取り付け、高さの調整をしているところです。車体裾がレール面から14ミリのようなので「木製床板用・ボルスターセット」を使い合わせました。右に写っている「キハ17」とは車体断面が大きく違うので凸凹に見えますが、車体裾の高さは合っています。連結器の高さ(基準があります)が合えばよいのです。
 下の写真は、今回使う動力の「NSドライブ」を組み込んだ台車です。前にも使ったことがありますが、構造が「本物の釣掛け駆動」と同じようにできているのです。台車の中に納まってしまうので、車内を作るにも便利です。ただ、耐久性や走りの質は他の動力に多少劣る面があるようです。
 次回は、床下機器(エンジン等)や、カプラー、センターピン(台車の取り付け)等を予定しております。
 では、また。ありがとうございました。 

早割り予約「トミックス・9・10月」のご案内

トミックス9月455系6
写真は、メーカー資料より。
 皆さんこんにちは。今回は、早割り予約「トミックス・9・10月」のご案内です。
HO早割予約は5%現金引き、Nゲージ早割り予約は10%引き
申込み締め切り5/1(金)
で、よろしくお願いいたします。
HO(16番) 9月発売予定 全品新製品扱いです。
  品番                品 名                    予価(税込 円)
HOー9054  455(475)系 急行電車 基本セット(3両・クモハ+モハ+クハ) 50,820
HO-9055  455(475)系 急行電車 増結セット(2両・クモハ+モハ) 25,740
HO-6013  クハ455  12,980
HO-6014  サハ455  11,550
HO-6015  サロ455 (帯入り) 11,770
HO-6016  サロ455 (なし) 11,550
HO-6017  サハシ455  11,550
HO-2016  EF64‐1000 (後期型・長岡車両センター) 36,080
HO-2017  EF64‐1000 (1052号、・茶)  34,980
HO-2512  EF64‐1000 (後期型・長岡車両センター・PS) 61,380
HO-2513  EF64‐1000 (1052号、・茶・PS) 60,280
HO-738   コキ104 (ヤマト運輸コンテナ付) 5,500

 あと、上の写真で驚きと期待の方が多いと思います。そうです、HOで「北陸」が出来る車両が予告されました。それで、今回「EF64」なのですね。発売が機関車と客車でズレますので、お買い逃がしの無きようご注意ください。前に「トワイライト客車」と「EF81トワイライト色」の例がありますので。
 当店のお客様によると、初の製品化とのこと。詳しくは後日となっています。ご期待ください。
以上よろしくお願いいたします。
 新製品…青字 再生産…黒字 
Nゲージ 9月
98706  153系電車 (新快速・低運転台) 6両セット 25,520
98707  153系電車 (新快速・高運転台) 6両セット 25,520
98379  455(475)系 急行電車 基本セット(3両・クモハ+モハ+クハ)  16,940
98380  455(475)系 急行電車 増結セット(2両・クモハ+モハ) 7,590
9001   クハ455  4,290
9002   サハ455  2,970
9003   サロ455(帯入り) 3,300
9004   サロ455(帯なし) 3,190
9005   サハシ455  3,300
98708  E231-0 中央・総武各駅停車・更新車 基本セット 6両 21,780
98709  E231-0 中央・総武各駅停車・更新車 増結セット 4両 11,220
97930  限定 EF64-1000・E231-0 配給列車セット 5両 22,330
98377  72・73形 基本セット5両 22,110
98378  72・73形 増結セット3両 13、090
98080  長良川鉄道 ナガラ300形(ながら) 2両セット 12,760
9445   キハ52-100 高山色 キハ52-125 7,700
7137   EF210-100 新塗装 8,360
7138   EF210-300 桃太郎ラッピング 9,020
3174   20Gコンテナ 3入り 990
    
10月
98710  500-7000系 山陽新幹線・こだま・8両セット 23,980
98711  485系 新潟車両センター T18編成 6両セット 24,420

0850   トレインマーク 485-300・1000用 文字・C 1,100
9446   キハ23 高山色 M 7,920
8735   コキ106 後期型・新塗装・コンテナなし 1,100
 以上よろしくお願いいたします。 

新製品のご案内「エンドウ415系・HOキット・完成品」

エンドウ415系B
写真はメーカー資料より。
 皆さんこんにちは。今回は、新製品のご案内「エンドウ415系・HOキット・完成品」です。
発売予定は、完成品7月、キット8月です。
通常予約で、申込み締め切り4/20(月)で、よろしくお願いいたします。
完成品は割愛します。ご希望のお客様はお尋ねください。
 8月発売予定
金属キット
 品番           品名               予価(税込 円)
9310  国鉄415系100番台 車体キット 基本4両セット
      (クハ411-100+モハ415-100+モハ414-100+クハ411-200) 173,800
9311  国鉄415系500番台 車体キット 基本4両セット
      (クハ411-500+モハ415-500+モハ414-500+クハ411-600) 173,800
9312  国鉄415系700番台 車体キット 中間3両セット
      (モハ415-700+モハ414-700+サハ411-700)    121,000

JR九州は割愛させていただきます。お尋ねください。
 以上よろしくお願いいたします。

早割り予約「カトー・6・8月」のご案内

カトーポスター8月D
 皆さんこんにちは。今回は、早割り予約「カトー・6・8月」のご案内です。
Nゲージ早割り予約は10%現金引き
申込み締め切り4/20(月)で、よろしくお願いいたします。
新製品…緑字 再生産…黒字
6月(メーカーからの連絡で、新型コロナウイルスの影響で、生産予定に変更が発生するとのことです。ご了承ください。)
  品番             品 名            価格(税込 円)
10-345  681系「サンダーバード」6両基本セット 17,050
10-326  681系「サンダーバード」3両増結セット  8,690
6043-1  キハ110 100番台 M  5,280
6044-1  キハ110 100番台    2,860
10-1165 キハ111 100 + キハ112 100 2両基本セット 7,480
10-1166 キハ111 100 + キハ112 100 2両増結セット 4,840
8月
10-1645 700系新幹線「のぞみ」 8両基本セット  22,880
10-1646 700系新幹線「のぞみ」 8両増結セット  16,060

3005-1  EH10(改良品)   9,350
5127-1  オハ35 茶 一般形   1,540
5127-3  オハ35 茶 戦後形   1,540    
5128-1  オハフ33 茶 一般形  1,870
5128-3  オハフ33 茶 戦後形  1,870
5242     スユニ61  2,420
 以上よろしくお願いいたします。 

只今工作中「HO/キハ20バス窓・旧標準色」第8回

キハ20バス窓窓8
皆さんこんにちは。今回は只今工作中「HO/キハ20バス窓・旧標準色」第8回です。
 写真左上は、マスキングして、アルミサッシの塗り分けの準備をしているところです。この後、GM缶スプレー№8「銀色」で塗りました。
 右写真は、乗務員ドアの窓ガラスを入れたところです。上下にアルミサッシが入っています。
 2・3段目は、全体に窓ガラスが入った様子です。右写真の「トイレ窓」表現は、実物写真で確認したのですが、外周はHゴム・横桟はアルミサッシと分かりました。
 一般の窓は、「1段上昇」なので、アルミ枠は下側に見えています。
 次は、床板とその受け(L字アングル等)の工作の予定です。手すりは、破損を避けるため最後にしようと思います。
 では、また。ありがとうございました。

早割り予約「モデルアイコン・タキ5450 第2弾」のご案内

モデルアイコンタキ5450B
 写真は、メーカー資料より。
 皆さんこんにちは。今回は、早割り予約「モデルアイコン・タキ5450 第2弾」のご案内です。
 前回発売の各種「タキ5450」はメーカー完売の人気だったようです。当店では、3種在庫あります。
 さて、今回は「日本石油輸送」所属の発売です。一番見慣れたマークでしょうか。
発売はもうされています。数に限りがあるとメーカーは注意しています。ご希望の方はすぐにお問合せください。
 早割予約は5%現金引き
申込み締め切り4/8(水)ですが、時期によっては完売かもしれません。その時は、ご了承ください。
  品番          品 名            価格(税別 円)
734U3C 1/80 タキ5450 日本石油輸送仕様 9,845
734U3C2 1/80 タキ5450 タンク響板凹  550

 以上よろしくお願いいたします。

早割り予約「HO/プラム201系JR西日本」のご案内

注文書_京阪神緩行線_クハキット_200E
写真は、メーカー資料より。
 皆さんこんにちは。今回は、早割り予約「HO/プラム201系JR西日本」のご案内です。
HO早割予約は5%現金引き
申込み締め切り4/30(木)で、よろしくお願いいたします。
 発売予定は2020年7月です。前回の中央線201系に続き第2弾です。
 また、1/80プラキット形式です。自己責任で動力化等が可能です。
 品番           品 名                      価格(税込 円)
PP087 JR西日本201系(京阪神緩行線)クハ201・クハ200 2両キット13,750
PP088 JR西日本201系(京阪神緩行線)モハ201・モハ200 2両キット13,750 
PP089 JR西日本201系(京阪神緩行線)サハ201 1両キット 7,700

今回追加で、前回の「中央線201系」にサハが出ます。
PP090 JR東日本201系(中央線快速)サハ201 1両キット 7,700 
 以上よろしくお願いいたします。
プロフィール

モハ3023

Author:モハ3023
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード