FC2ブログ

早割り予約「アクラス・HO・211系シルバー」のご案内

アクラス211系シルバー
 皆さんこんにちは。今回は、早割り予約「アクラス・HO・211系シルバー」のご案内です。
今まで、未塗装のキットでしたが、今回は「塗装済み(シルバーのみ)」キットが発売になります。写真は3両セットですが、申し込みは下記のラインナップです。
 発売時期は「少し時間をいただく場合があります。」とメーカーは言っています。           
 その前に「クハ・モハ」の未塗装キットが、6月下旬発売予定とのことです。
HO早割予約は5%現金引き
申込み締め切り6/13(土)で、よろしくお願いいたします。
  品番            品名              価格(税込 円)
FHー4122  塗装済み(ボディシルバーのみ)
         ボディキット クハ211⁻2000・クハ210-2000  33,550
         2両セット  
FH-4123  塗装済み(ボディシルバーのみ)
         ボディキット モハ211-2000  モハ210-2000
         2両セット   30,250
FH-3124 塗装済み(ボディシルバーのみ)
         ボディキット サハ211-2000・3000
         1両セット         14,300

 以上よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト



只今工作中「HO/キハ05」第12(仮完成)回

キハ05吊り革9
 皆さんこんにちは。今回は、只今工作中「HO/キハ05」第12(仮完成)回です。
 Iさんの意向で、今の時点では「室内灯」を付けないので、今回の吊り革の工作で「仮完成」となります。残っている工作は、「動力(パワートラック・24.5スポーク)・車体表記(インレタ)・もしかすると室内灯」など、となります。
 さて、写真の説明です。左上は、塗装の終わった吊り革を車内天井に取り付けているところです。後で、室内灯が入っても大丈夫なように、仮の取り付け構造にしてあります。窓セル板を天井部分にかませて、セル板に吊り革を接着しました。
 2段目左は、窓から見える(?)吊り革です。高さは資料の本等から割り出してみました。
 後の写真は、完成記念撮影です。
 この車両で、まだ未完成部分がありますが、依頼品ははけました。少しホッとした気分です。長らくお待たせして、ご迷惑をお掛けしたことをお詫び申し上げます。もっとも、KAさん・Iさんが新たな工作依頼品をお考えのようですが。
 では、また。ありがとうございました。

只今工作中「HO/キハ05」第11回

キハ05運転席7
皆さんこんにちは。今回は、只今工作中「HO/キハ05」第11回です。
 今回は、2回分をまとめてアップします。
早速ですが、写真左上は、床板にシートをセットしているところです。(クロスシートは、旧型の椅子になるよう、ひじ掛けをカットする工作をしています。)白い帯状のものは、寸法を記した自作ジグです。この後、実際に車体を被せ、窓割との関係を確認して固定しました。
 3・4段目は、シートの配置後、運転席の工作に入ったところです。仕切りは天井まで無く、腰の高さまでです。
 4段目真ん中は、左から「運転機器(メーター類)、ブレーキ弁(床板から立ち上がっているので、旧型は左右逆で、ブレーキのようです。資料からもそのようです。)、運転士椅子」で、塗装の途中です。右写真は、「窓から見たメーターパネル」です。よく分からないと思います(笑い)。
 一番下左は、運転席等塗装・取り付けが終わったところです。メーターパネルは車体側に付けました。
右下は、残りの作業「吊り革」の下準備(洋白板の部品にエッチングプライマー+白塗装)をしたところです。今日はここまでとしました。吊り革は、後で室内灯を付けても良いように、工夫して工作しておくつもりです。
 では、また。ありがとうございました。 

再案内「天賞堂・EF15/C61/ニセコ客車」

天賞堂・ニセコC
 皆さんこんにちは。今回は、再案内「天賞堂・EF15/C61/ニセコ客車」です。
 「C61/ニセコ客車」については、すでに発売済みの商品です。天賞堂から再案内が届きました。まだ在庫があり、販売に意欲的のようです。
 EF15は、新製品です。今回初めて「カンタム付・なし」の2本立ての構成です。発売は夏頃予定です。一部完売が出ています。
  品番             品 名              予価(税込 円)
72030  EF15 標準型 東海道・山陽タイプ ATS無し・カンタム搭載  完売
72530  EF15 標準型 東海道・山陽タイプ ATS無し           完売
72031  EF15 標準型 関東タイプ PS14 カンタム搭載   74,800
72531  EF15 標準型 関東タイプ PS14            58,300
72032  EF15 標準型 暖地タイプ PS14 カンタム搭載   74,800
72532  EF15 標準型 暖地タイプ PS14            58,300
72033  EF15 標準型 上越タイプ PS14 カンタム搭載   74,800 
72533  EF15 標準型 上越タイプ PS14            58,300
72034  EF15 標準型 上越パーツ PS15 カンタム搭載  74,800 
72534  EF15 標準型 上越パーツ PS15            58,300   

全機カンタム搭載
71030  C61東北タイプ 「はつかり」牽引機    94,600
71031  C61東北タイプ 「はくつる」牽引機       94,600
71032  C61東北タイプ 「はやぶさ」牽引機       94,600
71033  C61九州晩年タイプ 宮崎機関区タイプ    94,600
71034  C61 2号機梅小路機関区タイプ        94,600
71035  C61 20号機 JR東日本タイプ         94,600

プラ製・完成品・手すり金属・室内灯別売り・車番印刷済み・テールライト点灯 他
57039  ニセコ客車7両セット     85,800
 (スハフ44(内1両は、現在「真岡鉄道SL資料館」で保存されている車番です。)×2、スロ62、スハ45×4)
以上3種・新旧あります。ご希望の方は、早めにご相談・ご注文ください。無くなり次第終了です。 
以上よろしくお願いいたします。

只今工作中「HO/キハ05」第10回

キハ05Aシート7
 皆さんこんにちは。今回は、只今工作中「HO/キハ05」第10回です。
 写真左上は、作り直している「床板取付け部品」です。ドアの部分に前後2か所取り付けることにしました。
 右は、ロングシートを切り出しているところです。カツミのロングシートを使用しました。
 2段目は、シートに「袖仕切り板」を付けたところです。工作用紙で作りました。色は室内灯を付けなくても目立つように、実物より明るめの木目色(茶色)にしました。3段目は、袖とクロスシーとの茶色を筆塗りで仕上げたところです。
 右下は、シートモケットの青を塗って、この後「つや消しクリアー」でモケットの質感を表現するところです。右は実車の室内です。この車両は、背あてが板張りのこの模型の見本です。写真左手に「運転室(車掌室)」が写っています。(写真はキサハなので手ブレーキだけ。模型では運転機器もエコーモデルの部品で表現します。)腰下を板張りで囲っただけの、簡易的な作りです。これも再現します。
 では、また。ありがとうございました。

早割り予約「天賞堂・HO クモル・クル」のご案内

天賞堂・クモル1
写真は、メーカー資料より。
皆さんこんにちは。今回は、早割り予約「天賞堂・HO クモル・クル」(プラ製・ディスプレイモデル)のご案内です。
 発売時期は夏頃の予定です。
HO早割予約は5%現金引き
申込み締め切り5/25(月)で、よろしくお願いいたします。
  品番         品 名              予価(税込 円)
65006  クモル+クル 国鉄タイプ 2両セット  8,250~8,800
65007  クモル+クル 国鉄タイプ(ユニット窓枠グレー) 2両セット  8,250~8,800
65008  クモル+クル JR西日本タイプ 2両セット  8,250~8,800

 今回もプラ製・ディスプレイモデルですが、パワートラック・トレーラー化パーツキットを組んで、走行モデルになる仕様です。
 前回の「クモヤ145」は、空前の大ヒットとなり、即完売でした。今回も事前の
ご予約をお勧めいたします。
 以上よろしくお願いいたします。

トミックス・早割り予約「HO・N 8~10月」のご案内

トミックスHOタキ1900F
写真は、メーカー資料より。
 皆さんこんにちは。今回は、トミックス・早割り予約「HO・N 8~10月」のご案内です。
HO早割予約は5%現金引き
Nゲージ早割り予約は10%引き 共に会員登録必要(無料)
申込み締め切り5/31(日)で、よろしくお願いいたします。
新製品…青字 再生産…黒字
10月 HO(16番)
 品番            品 名             予価(税込 円) 
HO-2018 EF81 長岡車両センター・ひさし付   38,280
HO-2514 EF81 長岡車両センター・ひさし付・プレステージモデル 63,580
8月
HO-737  タキ1800 プラキット(2両入り、車輪・カプラー・デカール等付)上級者向き  7,480

 14系寝台特急「北陸」は、製品化決定しています。詳細・受注書は後日の予定。
Nゲージ
10月
 品番            品名               予価(税込円)
98381  相模鉄道 11000系 基本セット(4両)  16、500
98382  相模鉄道 11000系 増結セット(6両)  16,500
7139   ED75-0 ひさし付・前期型  8,140
7140   ED75-0 ひさしなし・後期型  8,140
98712  旧型客車 東北本線・普通列車 6両セット 14,850
98713  東北本線 一般貨物列車 12両セット  13,200
9447   キハ40-1700 タイフォン撤去車 M 8,030
9448   キハ40-1700 タイフォン撤去車 T  5,060

92159  京都丹後鉄道 KTR8000形 基本セット 2両 9,680
92160  京都丹後鉄道 KTR8000形 増結セット 2両 4,400
98017  京都丹後鉄道 KTR8000形 丹後の海セット 2両 11,000
 以上よろしくお願いいたします。

只今工作中「HO/キハ05」第9回

キハ05A1こ
 皆さんこんにちは。今回は、只今工作中「HO/キハ05」第9回です。
 車体は、ほぼ完成しました。写真左上は、左が「キニ05(サンゴ模型・金属)」、右が製作中の「キハ05(工房キハ・ペーパーキット)」です。塗装まで終わると、手に持たないと金属もペーパーも分からないと思います。
 右上は、キニ05を参考に「床下機器」を作っていくところです。部品はすでに自作も含め用意出来ました。
 2段目左は、先ずエンジンの位置決めをしているところ、右写真は、各機器の配置が終わったところです。床板は黒にしました。排気管も取付け部品(自作)を介して付いています。その下写真は、キニ05(左)との併結写真です。
 3段目は、車体・エンジン完成記念撮影です。写真に撮ると粗が分かるのですが(笑い)、カプラーの垂れ下がりはこの後修正しました。また、「完成引き渡し」の前に、「完成検査」を実施しています。細かい塗装のタッチアップ等、チェックしてお渡しとなります。
 一番下は、追加工作となった「室内作り込み」の準備です。写真左手に写っているのは、本物の室内です。見ての通り「全体木製」です。シート配置は「セミクロス」で、ドア脇がロングシート、真ん中5組がクロスシートになります。
 Iさんがご来店になった時に、シートの「背あて」が時代で「板張り・モケット張り」と変わっているので、どうするかお聞きしました。結果、板張りとなりましたが、今の時点で「室内灯を付けない」というので、中が目立つようにシートの板張りは「色合い」を明るめにしようと考えています。また、前もって、室内を板張りの色で塗装しておいたように、今回も後で室内灯を付けることも可能な作り方にしておくつもりです。いつでも、お客様の「もしかしたら…」に対処できるようにしておくのも、心掛けの一つです。
 写真右はクロスシートを窓に合わせて仮配置してみたところです。吊り革もご希望なので、まだ製作は続きます。
 では、また。ありがとうございました。

只今工作中「HO/キハ05」第8回

キハ05床下10
 皆さんこんにちは。今回は、只今工作中「HO/キハ05」第8回です。
 先日、Iさん・KAさんお二人でご来店になりました。その際、追加工作の話が出ました。「床下のウエザリング、室内のシート・吊り革」等です。
 動力は「NSドライブ」が、台車の構造の関係で付かないことが解りました。前回のブログで説明しましたが、Iさんは、後で「天賞堂・パワートラック・24.5スポーク」が発売になってから付けてもらいます。と、いう事になりまして、今回はトレーラー車として完成させ、ウエザリングも後で、ということになりました。
 写真の説明です。左上は、「エンジン・周辺機器」です。塗装しました。右は、床板をはめたところです。今回も、木製床板にしました。この後黒に塗装しました。一番下左写真です。
 2段目左は、KAさんが資料に貸してくださっている「キニ05」です。今回はエンジンを始め床下機器の工作に非常に役立たせて頂いています。この写真の「白いパイプの様な物」は、「排気管」です。キニ05を真似して作ります。10系気動車からは、「排気管」は屋根上からになっていますが、この車両はトラックの様にエンジンの横(近くから)から出ているようです。素材は、プラランナーです。
曲げ方向は本物に合わせて捻って加工しました。
 2段目右と3段目は、窓ガラス(セル板)を入れたところです。写真は窓を反射させて撮りましたが、お分かりになるでしょうか。
3段目左は、セル板を窓に合わせて細かくカットしたところです。「戸袋窓・正面・端の窓」などは1枚張りなので手間がかかりました。
 一番下左は、先ほど説明した床板で、台車(TR-29、実物はTR-27らしいです。)も車高調整して取付けました。
右は、床板の受けを付けたところです。しかし、この時点では、車内は作らないということだったため、シート等配慮しない方式で付けてしまいました。L字アングル等でやり直します。(このブログは、実際の進行より前の状態のことが多いのです。)
 この後、前面下の「旧型ジャンパ栓(角型の箱状)」を取り付けました。
 営業を再開してからは、ありがたいのですが、作業が寸断されて思うように進みません(苦笑)。
 では、また。ありがとうございました。

只今工作中「HO/キハ05」第6・7回

キハ05A顔18
 皆さんこんにちは。今回は、只今工作中「HO/キハ05」第6・7回です。
 前回から進めている間に、Iさん・KAさんが一緒に来店されました。KAさんにお願いしていた、「天賞堂・10系気動車のインレタ」を持参してくれました。というのは、「キハ20系・バス窓」の仕上げに「車番インレタ」が欲しかったのです。前に当店で「天賞堂・10系気動車」をお買い頂いているのを覚えていたのでお願いしました。
 が、インレタを見てガッカリでした。10系気動車のインレタには、キハ20の大事な「0」の数字が入っていないのです。バラ数字も付いていません。結局、「6」を基本に他の数字を加工して「0」に見えるようにしました。その写真が、5段目です。あと、正面と車端の細かい表記も入れておきました。やはり表記が入ると車両が生き生きしますね。あと、Iさんのこの「キハ05」にも使わせていただけることになりました。(でも、また0が無いから…)
 前に戻ります。写真左上は、前面のテールライト(反射板付)を取り付けたところです。下が本物の写真、上が模型ですが色合いも、こんなものでしょうか。
 右は、ヘッドライトの工作です。本体の部品は持参されたのですが、「レンズ」が入っていなかったので、「KSモデル」のレンズを使いました。この辺の部品が当店は揃っています。これも過去にKUさん達(日立店の時の常連さん)が、キットに使う細かい部品を注文してくれたお陰なのです。その時プラスαで仕入れていたので、一例ですが、レンズも各サイズ・吊り革も丸と三角・ジャンパ栓も各種在庫しています。「新たに問屋に注文」しなくとも、大概の工作には対応できます。
 さて写真は、レンズが直径は良いのですが、奥行きが削らないと入らないので加工しているところです。
 2段目左写真は、塗装も終わり完成したヘッドライトです。今回は、ライト類・室内灯も未点灯仕様です。
 2段目右写真は、手すりの取り付け作業の様子です。手すりの下に挟んであるのは、間隔を取るジグです。今回も、車体とのクリアランスを1ミリで取り付けました。模型として、見た感じのバランスが良い寸法かと思います。
 3段目左は各面の手すり作業の様子です。写真では分からないと思いますが、この車両の「塗り分けの肝」である、「乗降ドア両脇」のてすりが、「ほんの少し」オレンジ側にはみ出しているのです。で、実車は律義に少しはみ出したところをオレンジに塗り分けています。忠実に再現しました(笑い)。
 また、車内は実車が木目(木張り)なので、レッドブラウンに塗ってあります。
 顔にも運転席窓(右から2つ目)の上部両側・窓下に3か所の計5か所取り付けます。穴が開いているので、まだ助かります。(取り付けに際し、ピンバイスでさらいますが。)
 4段目はこの車両に使う台車「TR-29」です。動力を「NSドライブ」でご要望なので、車体の工作の合間に試してみました。ところが、大変な事実が判明したのです。Iさんには後で説明する予定です。何かというと、台車が(元々日光の台車の中では、特殊な構造)大変なこと(パワートラックを付けるにも台車側に加工が必要)は以前「日立電鉄モハ13系列」で、同じ台車なので、知っていました。Iさんにも電話で少し前にお伝えしていました。
 それが、現実になりました。NSドライブが取り回しの関係(狭くてモーターが入らない)で、取り付け不可能と分かりました。
 では、どうするか。一番の方法は、後で発売予定の天賞堂「新・パワートラック・24.5スポーク」を待つことです。でも、もっと良い方法がありました。そうです、とりあえず私の「日立電鉄モハ13系」の「旧・パワートラック」付の動力ユニットを使っていただく手です。
 「日立電鉄モハ13」の実車のことは、ご存じの方もいらっしゃると思います。元「電気式気動車」だったと思います。なので、日立電鉄に移り、エンジンを外し、電装して電車に変身出来た訳です。なので、「台車も同じもの」だったので、今回のことが可能になったわけです。このやり方でIさんがOKなら、私は後で、天賞堂「新・パワートラック・24.5スポーク」が発売になってから(台車の加工が面倒・糸鋸で台車を加工する必要がある。)また加工すれば良いわけです。
 下から3段目の写真は、エンジンの工作の様子です。実は、エンジンが「DMH17」の前の古い型なので、探せばどこかのメーカーが出していると思いましたが、無い部品(ラジエター)は自作しました。それに役立ったのは、KAさんがIさんの資料にと貸してくれた「キニ04・サンゴ模型、動力は縦型モーターでした。」です。エンジンのラジエーターは、これを参考にスチレンペーパー等で自作しました。肝の「グリルのメッシュ」もエコーモデルの部品(品番995・細密メッシュ・角型0.4ミリ目)を使用しました。
 下から2段目は、白い四角の板が、今回自作した「ラジエーター」です。枠の中にメッシュが貼られています。その他の機器は使えるものがありました。グレーに塗装しておきました。
 最後の左下写真は、車体のヘッドライト以外(この後「窓セル」の貼り付け作業があります。)完成したところです。
 長くなりましたが、2回分まとめてアップしました。
 では、また。ありがとうございました。

只今工作中「HO/キハ05」第5回

キハ05A塗装9
 皆さんこんにちは。今回は、只今工作中「HO/キハ05」第5回です。
 前回、オレンジ色の塗り重ねで終わっていました。その日の夜(4/30)、「乾燥が出来てるかな」と思い立ち、店を閉める1時間前になって、始めてしまいました。
 で、写真左上は、クリーム4号に塗るところを残し、マスキングしたところです。結局、塗り分け線は「標準」の方にしました。(なぜか、雑誌には「特殊」な塗り分け車の写真が目立ちますが・笑い)「ウインドシル・ヘッダー」の上下が塗り分けラインになる方を選びました。
 右は軽くクリームを吹いたところです。この後、5・6回に分けて塗り重ねました。2段目左写真は塗り終わったところで、この後急いで帰り支度をしました。この「臨時休業中」は、午後8時頃店を閉めています。
 2段目右は、本日「恐る恐る」一部マスキングを剥がしてみたところです。一晩乾燥させたのでOKでした。下の3枚は塗装完成の車体を角度を変えて撮ったところです。
 この後、タッチアップをして仕上げるのですが、確認したところ、余り手を加えなくて良さそうでした。
 作業は、次に屋根のベンチレーター塗装・ヘッドライトの塗装、取り付けがきます。手すりの取り付けは前回のキハ20バス窓車の経験から、窓セル板より前にやるつもりです。(手すり付けの時、瞬間接着剤のガスが窓セルに悪さをした件があるため。)
 車体の塗装はいかがでしょうか。感じが出てきたかな、と思います。
 では、また。ありがとうございました。

早割り予約「カトー・9・10月」のご案内

カトー9・10月ポスター3
 皆さんこんにちは。今回は、早割り予約「カトー・9・10月」のご案内です。
 早割予約は10%現金引き
 申込み締め切り5/17(日)
で、よろしくお願いいたします。
新製品…緑字 再生産…黒字
8月
 品番         品 名        価格(税込 円)
22-221-3   サウンドカード(8620)    3,190
9月
14-071-1   広島電鉄 200形 ハノーバー電車 動力改良品 4,290
10-1556 701系 1000番台 盛岡色 2両セット 10,780
10-1561 青い森鉄道 701系 2両セット 11,000

5266     オハ61    1,980
5267     オハフ61   2,420
5269     オハニ61   2,420
ローカル駅舎シリーズ 完全新規金型で、照明にも対応!
23-241  ローカル線の 小型駅舎  3,740
23-133  ローカル線の 対向式ホーム(2本入) 1,650
23-134  ローカル線の 対向式ホーム(屋根付) 1,650
23-135  ローカル線の 対向式ホームエンド(2本入) 1,100
23-136  ローカル線の駅構内パーツセット 1,650
23-001  ローカル線の 小型駅 照明キット 2,200
10月
10762    ニューヨーク・セントラル E7A 2両セット (20世紀特急) 21,285
10763-2  ニューヨーク・セントラル(20世紀特急) 9両基本セット  34,650
10764-2  ニューヨーク・セントラル(20世紀特急) 4両増結セット  15,510

以上よろしくお願いいたします。   
    
プロフィール

モハ3023

Author:モハ3023
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード