FC2ブログ

只今工作中「HO/ツ―ク・伊豆急100系」?回目

伊豆急100系帯5
 皆さんこんにちは。今回は、只今工作中「HO/ツ―ク・伊豆急100系」?回目です。
伊豆急100系キット(100系の両運は谷川製の金属キット、片運はツ―クのプラキット)を、確か店の常連さん御二人と私で、競作しているのです。ただ、まだ誰も完成していません(笑い)。で、私も相当何年もいじっているのですがこの程度です。
 車体の塗装が終わり、さて帯(上下のペールブルーとハワイアンブルーの間をシルバーの帯が引き締めているのです。)をどう表現するか、で悩みました。塗装でやるとマスキング(帯幅2㍉)が大変です。このキットには(写真上)別売りで「帯デカール・サボ等セット・約5,000円・帯は7両分入り」があるのです。やってみた方が早いとどちらも試してみました。マスキングはやはり大変な作業でした。やるなら初めに銀を塗って、そこをマスキング(帯1本)した方がよさそうです。(RMモデルスに作例が出ていました。)
 で、水貼りデカールは光沢もあり、ある程度硬さがあるので直線が出し易そうでした。決まりました。今回は、今完成している3両に帯を貼りました。ただ、旅客機プラモで経験しているのですが、細い帯のデカールは同時に両側面をやってはだめなのです。何かというと、まだ半乾きの内にもう片側に触ってしまう危険があるのです。(旅客機の細い数本のラインで痛い経験をしています。泣)
 それで、安全のため今日作業した2両は、片側だけ貼り乾燥に回しました。
 写真2・3段目は貼り終わった車両です。写真では、帯が良く分かりませんね。この後、正面(顔)の帯を貼っていくのですが、顔は帯が複雑に廻っています(写真上の右下・三角の帯等を貼る)。「マークソフター(デカール軟化剤)」を使っています。段差・曲面などに効果があります。
 「クモハ42」は8/10に日立のKUさんがシル・ヘッダーの貼り方指南でいらっしゃるとのことなので、お休みしました。で、今日は懸案の伊豆急を進めました。
 では、また。ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

モハ3023

Author:モハ3023
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード