FC2ブログ

只今工作中「HO/キハ05」第6・7回

キハ05A顔18
 皆さんこんにちは。今回は、只今工作中「HO/キハ05」第6・7回です。
 前回から進めている間に、Iさん・KAさんが一緒に来店されました。KAさんにお願いしていた、「天賞堂・10系気動車のインレタ」を持参してくれました。というのは、「キハ20系・バス窓」の仕上げに「車番インレタ」が欲しかったのです。前に当店で「天賞堂・10系気動車」をお買い頂いているのを覚えていたのでお願いしました。
 が、インレタを見てガッカリでした。10系気動車のインレタには、キハ20の大事な「0」の数字が入っていないのです。バラ数字も付いていません。結局、「6」を基本に他の数字を加工して「0」に見えるようにしました。その写真が、5段目です。あと、正面と車端の細かい表記も入れておきました。やはり表記が入ると車両が生き生きしますね。あと、Iさんのこの「キハ05」にも使わせていただけることになりました。(でも、また0が無いから…)
 前に戻ります。写真左上は、前面のテールライト(反射板付)を取り付けたところです。下が本物の写真、上が模型ですが色合いも、こんなものでしょうか。
 右は、ヘッドライトの工作です。本体の部品は持参されたのですが、「レンズ」が入っていなかったので、「KSモデル」のレンズを使いました。この辺の部品が当店は揃っています。これも過去にKUさん達(日立店の時の常連さん)が、キットに使う細かい部品を注文してくれたお陰なのです。その時プラスαで仕入れていたので、一例ですが、レンズも各サイズ・吊り革も丸と三角・ジャンパ栓も各種在庫しています。「新たに問屋に注文」しなくとも、大概の工作には対応できます。
 さて写真は、レンズが直径は良いのですが、奥行きが削らないと入らないので加工しているところです。
 2段目左写真は、塗装も終わり完成したヘッドライトです。今回は、ライト類・室内灯も未点灯仕様です。
 2段目右写真は、手すりの取り付け作業の様子です。手すりの下に挟んであるのは、間隔を取るジグです。今回も、車体とのクリアランスを1ミリで取り付けました。模型として、見た感じのバランスが良い寸法かと思います。
 3段目左は各面の手すり作業の様子です。写真では分からないと思いますが、この車両の「塗り分けの肝」である、「乗降ドア両脇」のてすりが、「ほんの少し」オレンジ側にはみ出しているのです。で、実車は律義に少しはみ出したところをオレンジに塗り分けています。忠実に再現しました(笑い)。
 また、車内は実車が木目(木張り)なので、レッドブラウンに塗ってあります。
 顔にも運転席窓(右から2つ目)の上部両側・窓下に3か所の計5か所取り付けます。穴が開いているので、まだ助かります。(取り付けに際し、ピンバイスでさらいますが。)
 4段目はこの車両に使う台車「TR-29」です。動力を「NSドライブ」でご要望なので、車体の工作の合間に試してみました。ところが、大変な事実が判明したのです。Iさんには後で説明する予定です。何かというと、台車が(元々日光の台車の中では、特殊な構造)大変なこと(パワートラックを付けるにも台車側に加工が必要)は以前「日立電鉄モハ13系列」で、同じ台車なので、知っていました。Iさんにも電話で少し前にお伝えしていました。
 それが、現実になりました。NSドライブが取り回しの関係(狭くてモーターが入らない)で、取り付け不可能と分かりました。
 では、どうするか。一番の方法は、後で発売予定の天賞堂「新・パワートラック・24.5スポーク」を待つことです。でも、もっと良い方法がありました。そうです、とりあえず私の「日立電鉄モハ13系」の「旧・パワートラック」付の動力ユニットを使っていただく手です。
 「日立電鉄モハ13」の実車のことは、ご存じの方もいらっしゃると思います。元「電気式気動車」だったと思います。なので、日立電鉄に移り、エンジンを外し、電装して電車に変身出来た訳です。なので、「台車も同じもの」だったので、今回のことが可能になったわけです。このやり方でIさんがOKなら、私は後で、天賞堂「新・パワートラック・24.5スポーク」が発売になってから(台車の加工が面倒・糸鋸で台車を加工する必要がある。)また加工すれば良いわけです。
 下から3段目の写真は、エンジンの工作の様子です。実は、エンジンが「DMH17」の前の古い型なので、探せばどこかのメーカーが出していると思いましたが、無い部品(ラジエター)は自作しました。それに役立ったのは、KAさんがIさんの資料にと貸してくれた「キニ04・サンゴ模型、動力は縦型モーターでした。」です。エンジンのラジエーターは、これを参考にスチレンペーパー等で自作しました。肝の「グリルのメッシュ」もエコーモデルの部品(品番995・細密メッシュ・角型0.4ミリ目)を使用しました。
 下から2段目は、白い四角の板が、今回自作した「ラジエーター」です。枠の中にメッシュが貼られています。その他の機器は使えるものがありました。グレーに塗装しておきました。
 最後の左下写真は、車体のヘッドライト以外(この後「窓セル」の貼り付け作業があります。)完成したところです。
 長くなりましたが、2回分まとめてアップしました。
 では、また。ありがとうございました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

モハ3023

Author:モハ3023
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード