「日立電鉄Mc3023」の保存について

日立電鉄3023
 みなさん、こんにちは。「ヤフーオークション」をご覧になった方は、さぞかしビックリされたことでしょう。
当店保存「日立電鉄3023」が出品されているのですから。でも、これは、正式なもので信頼できる「ある方に」依頼して出品したものです。
 実は、店は「千葉県八街市」に移転しましたが、こちらまで持って来れないので、苦渋の選択ですが、「新しい貰い手(きちんと保存してくださる方)」を探すことにしたのです。
 店のホームページのアクセス数が今日は、うなぎ上りで大変なことになっているようなので、説明を書きました。
 一週間限定の出品です。よろしくお願いいたします。
この場を使って「在庫」の問い合わせへの返事をさせていただきます。
I 様へ
お問い合わせの「マイクロエース、A-3490,新京成8000形・京成乗入れ対応車6両」は、在庫ございます。
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

宝物ですね。
大切にしてくれるいいところに保存されるといいですが。
上海五輪のときなんか、バスを納屋にしてる近所のお百姓さんに、バスマニアを騙って大事にするからくれと持ちかけてきて、結局鉄の塊にしちゃた。中には悪いのいますからね。

No title

宝物ですね

宝物

 こんにちは
 電車くんの看板車両、3023がオークションで売りに出ていると聞いて驚いています。

 日立電鉄の3023は、もともと営団(今の東京メトロ)地下鉄銀座線の2120号だそうですね。
 営団の2000形というと、渋谷~浅草で、オレンジ色の車体に、地下鉄でありながら室内の照明が「消える電車」(第三軌条の切れ目で、正確には「一瞬だけ室内照明が消灯する」という表現が正しいでしょうか)として私も記憶にあります。

 現在、東京メトロ銀座線で走っている新1000系も、どちらかというと、地下鉄黎明期の初代1000形よりも、この2000形の印象が近い感じです。
 今ではこの営団2000形の仲間も、銚子電鉄の1000形と、こちらの電車くんの3023ということで、これもまた貴重なものでありますし、さらに日立電鉄の車両としても残っているのは、とても価値があるものだと思います。

 高度成長期に多くの乗客を運んできた、また多くの鉄道マンと苦楽を共にした車両ということで、本当に後世に残して意義がある車両と思います。
 なかなか鉄物の保存というのは、コンディションの維持などが大変ということは想像されますが、新しい地でも大事にされていただきたいところと思います。

No title

 今どき、廃車体をいくら1万円だと言って引き取っても輸送費に100万も出せるやつはいないはずです
 東京メトロに断られたのもミエミエなわけですが。営団→メトロの歴史の中で2000形の位置付けがどういうものかを考えれば明白です。廃線に際してスクラップ値段で引き取ったんだろうけれど、不要になったんだったらご自身で直富商事のような解体業者に依頼して、解体撤去するのが筋でしょう。放置しておけば犯罪の巣にもなりかねないですから。いずれ警察からも指摘されるでしょうけれど。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ぽっぽの丘

銚子電鉄の車両とぽっぽの丘で保存されないかなぁ…
プロフィール

モハ3023

Author:モハ3023
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード